English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

草間彌生美術館

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 草間彌生美術館

    2017年10月1日(日) オープン
    東京都新宿区

    傑出したアーティストとして世界的に知られる前衛芸術家、草間彌生。この度、待望の草間彌生美術館が都内にオープンします。草間作品のコレクションの年2回の展覧会や、講演会を開催予定。世界で圧倒的な影響を誇るアーティスト草間彌生が作品を通じて繰り返し訴えてきた「世界平和」と「人間愛」というメッセージを広く世界に伝え、現代美術に広く親しめる美術館となります。

    草間彌生美術館 2017年10月1日オープン(amuzen article)
    ©YAYOI KUSAMA

     

    ◆アーティスト 草間彌生

    草間彌生は1929年長野県松本市生まれ。幼少期から幻視・幻聴を体験し、網目模様や水玉をモチーフにした絵画を制作しはじめました。1957年に渡米、ネットペインティング、ソフトスカルプチャー、鏡や電飾を使ったインスタレーションやハプニングなど多様な展開を見せ、前衛芸術家としての地位を確立。様々なオブセッションを乗り越え、単一モチーフの強迫的な反復と増殖による自己消滅という芸術哲学を見出しました。

    2016年の「世界で最も影響力がある100人」(米『タイム』誌)に日本人で唯一選出されたほか、テート・モダン(ロンドン)やポンピドゥー・センター(パリ)をはじめ、中南米やアジア、北欧でも大規模な個展で成功をおさめ、多くの人々を魅了し続けています。

     

    ◆ 草間彌生美術館

    神楽坂からも近いところに位置する本美術館は、5階建て。1階にエントランスとショップがあり、2•3階に展示室、4階に体験型インスタレーション、5階にはブラウジングスペース(資料閲覧スペース)、屋外展示スペースがあり、草間ワールドをたっぷりと堪能することができる空間構成となっています。

    草間彌生美術館 2017年10月1日オープン(amuzen article)
    photo by Masahiro Tsuchido ©YAYOI KUSAMA

    こけら落としの展覧会は、草間彌生美術館 開館記念展「創造は孤高の営みだ、愛こそはまさに芸術への近づき」(2017年10月1日〜2018年2月25日、記事リンク)。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.