English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

東京国際キルトフェスティバル

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 第17回東京国際キルトフェスティバル
    -布と針と糸の祭典-

    2018年1月25日(木)~31日(水)
    東京ドーム

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    東京国際キルトフェスティバルは、キルトを愛する人々が集う、世界最大規模の祭典。

    17回目を迎える今年は、特別企画「四大作家がつづる若草物語」をはじめ、「はらぺこあおむし」で知られるアメリカの絵本作家エリック・カールの世界を表現する、絵本きるとエリック・カールの世界」、タレントのコロッケ山田邦子による作品の展示「私の手仕事スタイル」など、キルトの魅力を伝える企画が満載です。また、日本最大級のキルトコンテスト『日本キルト大賞』では、国内外の応募作品から入選・入賞作品約300点を展示します。

    東京国際キルトフェスティバル (あみゅーぜんの東京ガイド)
    メインビジュアル(黒羽志寿子 作)


    ピックアップ

    ◆特別企画「四大作家がつづる 若草物語」

    19世紀のアメリカを舞台に四姉妹の成長を描いた「若草物語」。1868年の出版から150周年を記念して、日本を代表するキルト作家の鷲沢玲子、キャシー中島、小関鈴子、斉藤謠子の4氏が四姉妹の世界をキルトで表現します。また、14人の作家による「わたしの若草物語」や、原作者ルイザ・メイ・オルコットの記念館「オーチャード・ハウス」所蔵の貴重な手芸作品も初展示。

    東京国際キルトフェスティバル (あみゅーぜんの東京ガイド)
    若草物語(左・挿絵)と野沢典子 作「わたしの若草物語」(右)


    ◆絵本きると「エリック・カールの世界」

    「はらぺこあおむし」で知られ、「絵本の魔術師」とも評されるアメリカの絵本作家エリック・カールの世界を、20人の若手作家が額絵キルトにして展示します。

    東京国際キルトフェスティバル (あみゅーぜんの東京ガイド)
    「はらぺこあおむし」


    ◆中山富美子の全仕事「モラ礼賛」

    モラ(リバース・アップリケ)の第一人者である中山富美子による、壮大な宇宙や原始のジャングルなど、生命力あふれるモラの世界を紹介。モラは、南米パナマに住むクナ族の手法で、原色の布を何枚も重ね、切り込みを入れて逆アップリケの手法で動物や自然を描いたものです。

    東京国際キルトフェスティバル (あみゅーぜんの東京ガイド)


    ◆わたしの “手仕事”スタイル

    タレントのコロッケと山田邦子が自分流にアレンジやカスタマイズした洋服や小物を展示します。

    東京国際キルトフェスティバル (あみゅーぜんの東京ガイド)
    タレントのコロッケ(左)、山田邦子(右)


    ◆ステージショー

    1月27日(土)、28日(日) キャシー中島 ハワイアン・タヒチアン・ダンスショー
    1月30日(火) 山田邦子トークショー



    ◆コンテスト「日本キルト大賞」

    国内外からプロ・アマ問わず幅広い層のキルターの応募作品が集まる、日本最大級のキルトコンテスト。6つの部門の入選・入賞作品(本フェスティバル初日に発表)300点近くを展示します。


    ◆日本最大級のキルトマーケット

    キルトに関するものなら何でも揃う、日本最大級のキルトマーケットに、約200店が出店します。


    ◆読者プレゼント

    あみゅーぜんの読者5組10名様に抽選で、本イベント入場招待券をプレゼントいたします。
    応募締切: 2018年1月14日(日)
    応募ページへのリンクはこちら

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.