English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 東京国際フォーラム 開館20周年記念イベント
    「光のアクアリウム」& 写真展「新たな船出」

    写真展 2017年12月8日(金)~26日(火)
    光のアクアリウム 2017年12月19日(火)~26日(火)

    東京国際フォーラム

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    有楽町駅のすぐそばに際立つ、舟のような流線形をしたガラス張りの美しい建物(建築家ラファエル・ヴィニオリによるデザイン)。世界有数のコンベンション&アートセンターである「東京国際フォーラム」は、今年で開館20周年を迎えています。

    東京国際フォーラム 20 周年イベント

    12月、この節目にふさわしいアートなイベントが開催されます。「光のアクアリウム」では、60m 吹き抜け大空間を6mの巨大イルカが遊泳! また、東京国際フォーラムの「過去・現在・未来」をテーマにした写真展「新たな船出」では、著名な漫画家である松本零士とのコラボレーションにてフォトモザイクを制作します。


    ◆光のアクアリウム

    当館のシンボルである舟形のガラス棟を巨大な水槽に見立てた展示。バルーンを擬似的な生命体に見せる日本初の特殊演出により、6m の巨大イルカが約60m吹き抜けの大空間を浮遊します。映像や照明・音響でガラス棟全体は幻想的な海の雰囲気に。まるで海の中にいるような体験ができます。

    東京国際フォーラム 20 周年イベント
    「光のアクアリウム」イメージビジュアル


    ◆写真展「新たな船出」

    「過去・現在」のブースでは、かつて都庁があった時代から、世界最大級のクラシックの音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」などフォーラム主催イベントの感動のシーンまで、約100点の写真にて紹介。「未来」のブースでは来館者を中心とする約2,000名の写真からなる縦約3メートル、横約10メートルのフォトモザイクを設置。松本零士による本展描き下ろしの「未来の東京の姿」を元絵に、東京国際フォーラムの「新たな船出」を表現します。

    東京国際フォーラム 20 周年イベント
    松本零士とメーテル(©松本零士)

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.