English français       東京の文化、アート、おでかけ情報
 

「禅 心をかたちに」展 東京国立博物館

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 臨済禅師1150年・白隠禅師250年遠諱記念
    特別展「禅 ― 心をかたちに ―」

    東京国立博物館 平成館
    2016年10月18日(火)~11月27日(日)

    English français

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    日本文化の心にある、「」。

    およそ1500年前、菩提達磨(ぼだいだるま)によってインドから中国へ伝来したとされる禅宗は、その一派である臨済宗・黄檗両宗の源流に位置する高僧、臨済義玄(りんざいぎげん ?~867)により広められました。

    日本では鎌倉時代に本格的に導入され、武家のみならず、天皇家や公家、民衆にまで広く浸透。また、水墨画や茶の湯など、禅の思想とともにもたらされた文物や風習は、日本の禅文化の中で花開いていきました。

    本展では臨済・黄檗両宗15派の全面的な協力のもと、禅僧の肖像画や仏像、書画、工芸などの名宝が一堂に勢ぞろい国宝22件重要文化財102件を含む 240件の圧巻の展示を通して、日本における禅の受容と文化に迫る、またとない機会です。

    「禅 ―心をかたちに―」展 東京国立博物館 (amuzen article)

    「禅 ―心をかたちに―」展 東京国立博物館 (amuzen article)「禅 ―心をかたちに―」展 東京国立博物館 (amuzen article)「禅 ―心をかたちに―」展 東京国立博物館 (amuzen article)「禅 ―心をかたちに―」展 東京国立博物館 (amuzen article)「禅 ―心をかたちに―」展 東京国立博物館 (amuzen article)「禅 ―心をかたちに―」展 東京国立博物館 (amuzen article)

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.