English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

ブリューゲル「バベルの塔」展 東京都美術館

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • ボイマンス美術館所蔵
    ブリューゲル「バベルの塔」展
    16世紀ネーデルラントの至宝 ― ボスを超えて ―

    2017年4月18日(火)~7月2日(日)
    東京都美術館

    ブリューゲル1世の傑作「バベルの塔」、彼が手本とした先駆者ボスの作品のほか、ネーデルラント美術の稀少な名作が来日

    ネーデルラント美術は、油彩技法が確立されたフランドル地方(現在のオランダ南部とベルギー西部にまたがる地域)で発展、フランドル美術とも呼ばれます。15世紀後半から16世紀、その中心は南から北へと移り、画題もキリスト教の宗教絵画から、風景画や風俗画が描かれるようになりました。

    本展は、ボイマンス美術館(オランダ・ロッテルダム)所蔵の約90点の絵画、版画、彫刻等の作品を通じて、16世紀のネーデルラント美術を展覧するものです。

    ※amuzen (あみゅーぜん)の読者 5組10名様に抽選でブリューゲル「バベルの塔」展招待券をプレゼントいたします。
    応募締切:5月5日(金
    )
    プレゼント応募の受付は終了いたしました。
    抽選結果の発表は発送を以てかえさせていただきます。
    ご応募ありがとうございました。

    ブリューゲル1世

    ピーテル・ブリューゲル1世(ブリューゲル[父]、c.1526/30-1569)による「バベルの塔」は、実に24年ぶりの来日となります。壮大な構図、圧倒的な想像力、写実力、技巧。聖書における塔の壊滅と人々の離散の物語について、神の怒りよりも、人々の挑戦が描かれた作品です。

    ブリューゲル「バベルの塔」展 東京都美術館 (amuzen article)
    ピーテル・ブリューゲル1世 「バベルの塔」
    1568年頃 油彩、板 Museum BVB, Rotterdam, the Netherlands

    ブリューゲルはまた、農民をはじめ市井の人々の日常や祝祭、民話や寓話、ボスからもインスピレーションを得た、想像上の生き物をいきいきと描いた傑作を残しています。

    ブリューゲル「バベルの塔」展 東京都美術館 (amuzen article)
    ピーテル・ブリューゲル1世、彫版:フランス・ハイス
    「アントウェルペンのシント・ヨーリス門前のスケート滑り」
    1558年頃 エングレーヴィング Museum BVB, Rotterdam, the Netherlands

    ブリューゲル「バベルの塔」展 東京都美術館 (amuzen article)
    ピーテル・ブリューゲル1世、彫版:ピーテル・ファン・デル・ヘイデン
    「大きな魚は小さな魚を食う」
    1557年 エングレーヴィング Museum BVB, Rotterdam, the Netherlands

    ブリューゲル「バベルの塔」展 東京都美術館 (amuzen article)
    ヨハネス・ウィーリクス 「ピーテル・ブリューゲル1世の肖像」(部分)
    1600年出版 エングレーヴィング Museum BVB, Rotterdam, the Netherlands

    ヒエロニムス・ボス

    ヒエロニムス・ボス(c.1450-1516)は、ネーデルラントの写実的な描写を駆使しながらも、地獄の情景やそこに跋扈する妖怪など、現実には存在しない奇想の世界を描いた画家。その画風が人気を博して一世を風靡し、同時代人や、ブリューゲルをはじめとする後続世代の画家にも多大な影響を与えました。本展では、近年、再注目されている巨匠ボスの数少ない現存作品から、2点の油彩画が日本で初公開されます。

    ブリューゲル「バベルの塔」展 東京都美術館 (amuzen article)
    ヒエロニムス・ボス 「放浪者(行商人)」
    1500年頃 油彩、板 Museum BVB, Rotterdam, the Netherlands

    ブリューゲル「バベルの塔」展 東京都美術館 (amuzen article)
    ヒエロニムス・ボス 「聖クリストフォロス」
    1500年頃 油彩、板 Museum BVB, Rotterdam, the Netherlands (Koenigs Collection)

    ブリューゲル「バベルの塔」展 東京都美術館 (amuzen article)
    ヘンドリック・ホンディウス1世 「ヒエロニムス・ボスの肖像」(部分)
    1610年 エングレーヴィング Museum BVB, Rotterdam, the Netherlands

    ネーデルラント美術

    さらに、国内外の教会向けに制作された初期ネーデルラント彫刻や宗教絵画、風景や風俗を描いた作品など、ネーデルラント美術を俯瞰します。

    ブリューゲル「バベルの塔」展 東京都美術館 (amuzen article)
    アルント・ファン・ズヴォレ(推定)
    「四大ラテン教父(聖アウグスティヌス、聖アンブロシウス、聖ヒエロニムス、聖グレゴリウス)」
    1480年 オーク材 Museum BVB, Rotterdam, the Netherlands

    ブリューゲル「バベルの塔」展 東京都美術館 (amuzen article)
    ディーリク・バウツ 「キリストの頭部」
    1470年頃 油彩、板 Museum BVB, Rotterdam, the Netherlands

    ブリューゲル「バベルの塔」展 東京都美術館 (amuzen article)
    ルカス・ファン・レイデン 「ヨセフの衣服を見せるポテパルの妻」
    1512年頃 油彩、板 Museum BVB, Rotterdam, the Netherlands

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.