English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

「茶の湯」展 東京国立博物館

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 特別展「茶の湯」

    2017年4月11日(火)〜6月4日(日)
    東京国立博物館

    English français

    長い時間をかけて、固有の文化にまで発展した、日本の茶の湯

    12世紀頃、中国で学んだ禅僧によってもたらされた宋時代の点茶(抹茶)という新しい喫茶法は、次第に禅宗寺院や武家の間で浸透。15世紀末には町衆が力をつけ、連歌や能、茶、花、香などを楽しみ、究めるようになります。16世紀(安土桃山時代)には、「侘茶」(わびちゃ)が千利休により大成され、茶の湯は天下人から大名、町衆へと広く普及していきました。そして、江戸時代の茶の湯の復興と、幕末から明治にかけての新たな創造。

    本展では、主に室町時代から近代までの、「茶の湯」の美術の変遷を展覧。天下の名碗が大集結します。

    例えば、絢爛豪華な唐物天目の「油滴天目(ゆてきてんもく)」。

    「茶の湯」展 東京国立博物館(amuzen article)
    国宝 油滴天目
    中国・建窯 南宋時代・12~13 世紀 大阪市立東洋陶磁美術館蔵

    国焼の最高峰と名高い「志野茶碗 銘 卯花墻(うのはながき)」など、国宝の茶碗。

    「茶の湯」展 東京国立博物館(amuzen article)
    国宝 志野茶碗 銘 卯花墻
    美濃 安土桃山時代・16 ~ 17 世紀 東京・三井記念美術館蔵

    室町幕府8代将軍・足利義政が愛した「青磁輪花茶碗 銘 馬蝗絆(ばこうはん)」。

    「茶の湯」展 東京国立博物館(amuzen article)
    重要文化財 青磁輪花茶碗 銘 馬蝗絆
    中国・龍泉窯 南宋時代・13世紀 東京国立博物館蔵

    織田信長から贈られたという柴田勝家所持の「青井戸茶碗 柴田井戸」など、歴史上の著名人にゆかりある茶碗。

    「茶の湯」展 東京国立博物館(amuzen article)
    重要文化財 青井戸茶碗 柴田井戸
    朝鮮 朝鮮時代・16世紀 東京 根津美術館蔵

    また、茶碗にとどまらず、茶壺や茶入、花入、書画なども含め、「茶の湯」を象徴する名品が勢ぞろい

    「茶の湯」展 東京国立博物館(amuzen article)
    国宝 紅白芙蓉図(紅芙蓉)
    李迪筆 中国 南宋時代・慶元3 年(1197) 東京国立博物館蔵(展示期間:5 月23 日~ 6 月4 日)

    茶の湯のプロからビギナー、そして茶の湯にはあまり縁のないという方まで、日本の美の粋を堪能できる特別な機会となります。

    なお、東京国立博物館の「春の庭園開放」期間中、本展の開幕に合わせて、4月11日(火)~5月7日(日)まで茶室「転合庵」の内部が外から観覧可能です。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.