English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

「春日大社 千年の至宝」展 東京国立博物館

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 特別展「春日大社 千年の至宝」

    2017年1月17日(火)~3月12日(日)
    東京国立博物館

    世界遺産「古都奈良の文化財」の構成資産の一つである「春日大社」。奈良時代の初め、平城京の守護と国民の繁栄を祈願するため創建され、古くから鹿を「神の使い=神鹿(しんろく)」として大切にしてきました。奈良公園に位置し、杉木立の中に鮮やかな朱塗りの社殿がひときわ美しく、鹿に出会える神社としても知られています。

    本展は、「平安の正倉院」と呼ばれる王朝工芸の名宝とともに、貴重な中世の刀剣類、甲冑、春日信仰にかかわる絵画・彫刻などの名品の数々を一堂に紹介するものです。
    (※写真の無断転載禁止)

    ◆第1章 神鹿の杜
    春日大社の草創は、武甕槌命(たけみかづちのみこと)が鹿に乗り、常陸国鹿島(ひたちのくにかしま)から春日の地に降り立たれたことに始まります。本章では、春日大社の創祀を物語る歴史資料や絵画作品、そして神々しくも親しみにあふれる「神鹿」に関わる美術などを展示。

    「春日大社 千年の至宝」展 東京国立博物館(amuzen article)
    鹿島立神影図(かしまだちしんえいず)
    南北朝~室町時代・14~15世紀 春日大社蔵 通期展示

     

    ◆第2章 平安の正倉院
    神々の調度品として奉納された古神宝。春日大社には平安時代に奉納された本宮御料(ほんぐうごりょう)と若宮御料(わかみやごりょう)が伝わり、「平安の正倉院」とも呼ばれています。本章では、王朝時代の雅と美を今に伝える国宝の品々が紹介されます。

    「春日大社 千年の至宝」展 東京国立博物館(amuzen article)
    国宝 金地螺鈿毛抜形太刀(きんじらでんけぬきがたたち)(部分)
    平安時代・12世紀 春日大社蔵 展示期間:1/17(火)~2/19(日)

     

    ◆第3章 春日信仰をめぐる美的世界
    草創以降、貴族をはじめとする多くの人々が春日の地に参詣し、祈りを捧げてきました。また、神と仏が一体であるとする神仏習合の思想を背景に、仏法を守護する春日の神々への信仰も広がりをみせていきます。本章では、春日の神々への祈りを表わした選りすぐりの名品が展示されます。

    「春日大社 千年の至宝」展 東京国立博物館(amuzen article)
    春日権現験記絵(かすがごんげんげんきえ)(春日本)
    巻第一(部分) 江戸時代・文化4年(1807) 春日大社蔵 通期展示(場面替有)

     

    ◆第4章 奉納された武具
    春日大社には多くの武具が奉納されています。こうした奉納品が伝わったのも、春日大社が公家・武家をはじめ多くの人々の深い祈りに支えられてきたことを物語っています。本章では、春日大社に伝わる国宝の甲冑や刀剣などを展覧します。

    「春日大社 千年の至宝」展 東京国立博物館(amuzen article)
    国宝 赤糸威大鎧(あかいとおどしおおよろい)(竹虎雀飾)
    鎌倉~南北朝時代・13~14世紀 春日大社蔵 展示期間:2/14(火)~3/12(日)

     

    ◆第5章 神々に捧げる芸能
    春日大社では数多くの神事、祭事が執り行われていますが、中でも12月に行なわれる「若宮おん祭」は国の重要無形民俗文化財に指定されています。本章では、こうした祭礼の際に神前に奉納された舞楽や能など、芸能に関わる作品が紹介されます。

    「春日大社 千年の至宝」展 東京国立博物館(amuzen article)
    重要文化財 舞楽面 納曽利(なそり)
    平安時代・12世紀 春日大社蔵 通期展示

     

    ◆第6章 春日大社の式年造替
    春日大社では社殿の建て替えや修繕が約20年に一度行なわれ、平成28年(2016年)に行われた御造替は60回目を数えます。本章では、御造替に関わる記録とともに、今回の御造替で御徹下(ごてっか、神に奉られていた御道具などが役目を終え、神殿から下ろされること)され注目を浴びた獅子・狛犬などを展覧します。

    「春日大社 千年の至宝」展 東京国立博物館(amuzen article)
    左)狛犬 / 右)獅子
    鎌倉時代・13世紀 春日大社蔵 通期展示

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.