English français       東京の文化、アート、おでかけ情報

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 東京金魚ワンダーランド

    2017年7月10日(月)~8月31日(木)
    すみだ水族館

    この夏、全長100メートルにおよぶ金魚展示エリア「江戸リウム」にて、色も形もさまざまな金魚を鑑賞できるお江戸の金魚の夏まつり東京金魚ワンダーランド」が開催されます。

    ぼんやりと光る約150個の金魚ちょうちんと、水槽の中でひらひらと舞う金魚たちに囲まれた金魚づくしの空間に加え、伝統飴細工専門店である浅草・飴細工『アメシン』が、今回のイベントのために新たに制作した精巧な金魚の飴細工10種を展示。江戸の“美”と“匠”が共演します。

    すみだ水族館「東京金魚ワンダーランド」(amuzen article)

    ◆約20品種、約1000匹の金魚を展示

    ワキン、リュウキン、ランチュウ、エドニシキ、アズマニシキ、チョウビ、タンチョウ、ピンポンパール、チョウテンガン、スイホウガンなど、色も形もさまざまな金魚が大集合!

    すみだ水族館「東京金魚ワンダーランド」(amuzen article)

    ◆風情ある明かりの金魚ちょうちん

    『和のあかり×百段階段展 2017』ホテル雅叙園東京にて7月1日~8月27日開催)の協力により、金魚ちょうちん発祥の地、山口県柳井市の職人が一つ一つ手作業で制作した150個の金魚ちょうちんが空間を演出します。

    すみだ水族館「東京金魚ワンダーランド」(amuzen article)

    ◆伝統的な飴細工の金魚

    伝統飴細工専門店、浅草・飴細工アメシン』が今回のイベントのために制作した、10種の「金魚の飴細工」をすみだステージ付近に展示。ワキン、リュウキン、タンチョウ、デメキン、スイホウガン、ピンポンパールなど。

    すみだ水族館「東京金魚ワンダーランド」(amuzen article)
    すみだ水族館「東京金魚ワンダーランド」(amuzen article)

    ※展示エリア「クラゲ万華鏡トンネル」では『水木しげる×すみだ水族館 水の妖怪トンネル』を同時開催(7月15日~9月10日)。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.