English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

「名刀礼賛」展 泉屋博古館 分館

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 黒川古文化研究所+泉屋博古館連携企画特別展
    名刀礼賛-もののふ達の美学

    2017年6月1日(木)~8月4日(金)
    泉屋博古館 分館

    愛刀家の間ではよく知られながら、これまでほとんど一般に見る機会が少なかった珠玉の名刀コレクションを東京にて公開

    東洋古書画や考古遺物を多数所蔵し、その研究で広く知られる、黒川古文化研究所(兵庫県西宮市)は、日本刀についても国宝・重要文化財を含む一大コレクションを有しています。

    本展ではその中から、「短刀 無銘(名物伏見貞宗)」(国宝)や「太刀 銘 国光」(重文)、「太刀 銘 備前国長船住景光」(重文)など、平安から江戸時代までに造られた約30口の名刀を紹介します。

    「名刀礼賛」展 泉屋博古館別館 (amuzen article)
    国宝 《短刀 無銘(名物 伏見貞宗)》鎌倉時代 黒川古文化研究所蔵

    「名刀礼賛」展 泉屋博古館別館 (amuzen article)
    国宝 《短刀 銘 来国俊》 鎌倉時代 黒川古文化研究所蔵

    「名刀礼賛」展 泉屋博古館別館 (amuzen article)
    重要文化財 《刀 無銘 (伝長谷部国重)》 南北朝時代 黒川古文化研究所蔵

    「名刀礼賛」展 泉屋博古館別館 (amuzen article)
    重要文化財 《太刀 銘 備前国長船住景光》 鎌倉時代 黒川古文化研究所蔵

    刀装具や武士の描いた絵画もあわせて展示し、武士たちが育んできた美意識についても探ります。

    「名刀礼賛」展 泉屋博古館別館 (amuzen article)
    岡本尚茂 鈍太郎図目貫 江戸時代中期 黒川古文化研究所蔵

    「名刀礼賛」展 泉屋博古館別館 (amuzen article)
    後藤一乗 瑞雲透鐔 江戸後期 黒川古文化研究所蔵

    東京ではほぼ初公開となる刀剣美の世界とその魅力を堪能できる、絶好の展覧会です。

    また、会期中、館内にてギャラリートークやコンサートなどのイベントも催されます(毎週土曜15:00~16:00、6/10、7/15、7/29を除く)。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.