English français       東京の文化、アート、おでかけ情報

増田セバスチャン「Point-Rhythm World」展

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • Point-Rhythm World -モネの小宇宙-

    2017年7月21日(金)~9月3日(日)
    ポーラ ミュージアム アネックス

    KAWAII 文化を中心にエンターテイメントやファッション、アートなど様々な分野で活躍するアーティスト、増田セバスチャンによる日本初のインスタレーション展覧会

    増田セバスチャン「Point-Rhythm World」展(amuzen article)
    作品イメージ

    ◆モネの《睡蓮の池》をテーマにした「ポイントリズム」

    点描画法という意味の「pointillism」とリズム(rhythm)をかけた造語、“Point-Rhythm”(ポイントリズム)。本展では、クロード・モネ《睡蓮の池》(1899年制作:ポーラ美術館所蔵)をモチーフに、増田セバスチャン独自の点描にて睡蓮の池を会場全体に再構築。約2トンもの色とりどりのマテリアルがリズミカルに広がる、増田セバスチャンによる新しいモネの世界が体験できます。

    増田セバスチャン「Point-Rhythm World」展(amuzen article)
    展覧会イメージ

    ◆「増田セバスチャン×モネ」の世界をVR拡張

    会場内ではVR(Virtual Reality 仮想現実)アートと透明液晶を組み合わせ、”増田セバスチャン×モネ” の世界観がさらに拡張される展示も予定。リアルとアンリアルがミックスされた世界観が楽しめます。

    増田セバスチャン「Point-Rhythm World」展(amuzen article)
    2014 Colorful Rebellion -Seventh Nightmare- ニューヨーク Photo by GION

    ◆関連イベント

    ポーラ銀座ビル1階ウィンドウでは、ギャラリー展示と合わせて増田セバスチャンによるディスプレイを展開。会期中にはパフォーマンスイベントも開催予定(詳細HP)。

    ◆増田セバスチャン

    増田セバスチャン「Point-Rhythm World」展(amuzen article)
    増田セバスチャン

    アートディレクター/アーティスト。1970年生まれ。
    演劇・現代美術の世界で活動した後、1995年にショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MV美術、「KAWAII MONSTER CAFE」のプロデュースなど、原宿のKawaii文化を中心に作品を制作。2014年よりニューヨークを中心に個展を開催。2020年に向けたアートプロジェクト「TIME AFTER TIME APSULE」を世界10都市で展開中。2017年度 文化庁文化交流使。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.