English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

「ケの美」展

0

 

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • オルビス30周年記念「ケの美」展

    2017年11月17日(金)~12月24日(日)
    ポーラ ミュージアム アネックス

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    日本人の伝統的な世界観である「ハレ」と「ケ」。

    本展は佐藤卓(グラフィックデザイナー)をディレクターに迎え、あたりまえの日常を意味する「」の中にある「」に光を当てます。

    参加するデザイナー、クリエイターは、隈 研吾(建築家)、土井善晴(料理研究家)、柳家花緑(落語家)をはじめ、各界で活躍するバラエティに富んだ14名の顔ぶれ。

    さらに、一般の写真投稿から作る参加型展示「みんなのケ」が登場します。あなたもぜひ、参加してみませんか?

    ポーラ ミュージアム アネックス「ケの美」展


    ◆一般の写真投稿による「みんなのケ」

    朝食」「場所」「漢字」の3つのテーマで、自分の「ケ」(日常)だと考える写真の投稿を、一般から広く募集。集まった写真から作られる「みんなのケ」を展示します。あなたの撮った写真が展覧会の一部に?
    ・朝食(普段の朝食を真上から撮影したもの)
    ・場所(普段よくいる場所を撮影したもの)
    ・漢字(日常を感じる、漢字一文字を撮影したもの)
    投稿は、展覧会最終日の2017年12月24日(日)まで受付中。
    投稿用特設サイト 

    ポーラ ミュージアム アネックス「ケの美」展
    © Yoshiharu Doi


    ◆参加アーティスト・クリエイター

    石村 由起子 「くるみの木」 代表 空間コーディネーター
    緒方 慎一郎 「SIMPLICITY」 代表 デザイナー
    小川 糸 作家
    隈 研吾 建築家
    小山 薫堂 放送作家 脚本家
    塩川 いづみ イラストレーター
    柴田 文江 プロダクトデザイナー
    千 宗屋 武者小路千家家元後嗣
    土井 善晴 料理研究家
    原田 郁子 「クラムボン」ミュージシャン
    松場 登美 「群言堂」代表 デザイナー
    皆川 明 「ミナ ペルホネン」代表 デザイナー
    柳家 花緑 落語家
    横尾 香央留 手芸家


    ◆展覧会ディレクター 佐藤 卓のことば

    日本人の伝統的な世界観として、私たちの生活には、非日常的な「ハレ」と、日常である「ケ」の両面があります。「晴れ着」というように、祝い事や特別なイベントが「ハレ」であるのに対して、毎日繰り返されるごくあたりまえのことが「ケ」にあたります。現代社会は、とかく華やかな「ハレ」が注目を集めますが、その華やかな「ハレ」も、一見退屈にさえ思える「ケ」の充実の上にこそ特別で有り難い(ありがたい)ものとして感じられるのではないでしょうか。この展覧会では、毎日あたりまえに繰り返される日常生活の中における「ケ」に着目し、さらに、そこに潜む「美」とは何かを、日常生活に新たな提案をされ続けているクリエイターの方々にご参加いただき、浮かび上がらせたいと思います。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.