English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

プラネタリウム“天空” 『フランス星めぐりの空で』

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • コニカミノルタプラネタリウム“天空”リニューアル記念作品
    『フランス星めぐりの空で』

    2017年11月22日(水)~2018年夏(予定)
    コニカミノルタプラネタリウム“天空” in東京スカイツリータウン®

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    星々が煌めき始める特別な瞬間「Magic Blue」をテーマに、リニューアルオープンする、コニカミノルタプラネタリウム“天空” in東京スカイツリータウン®。

    プラネタリウム“天空” in東京スカイツリータウン リニューアルオープン
    © Konica Minolta Planetarium Co., Ltd.

    最新の立体音響と投映システム、プレミアムな「三日月シート」を導入し、新しい“天空”に生まれ変わります。


    ◆“天空”リニューアル記念作品『フランス星めぐりの空で』

    © Konica Minolta Planetarium Co., Ltd.
    © Konica Minolta Planetarium Co., Ltd.


    内容

    舞台は「星の王子さま」の作者・サン=テグジュペリが生まれた国、フランス。セーヌ川越しのパリの夜景。夜空に浮かぶモンサンミッシェル。そしてピック・デュ・ミディ天文台から見える満天の星々……。

    プラネタリウム“天空” 『フランス星めぐりの空で』(amuzen article)
    セーヌ川とパリ(イメージ)

    プラネタリウム“天空” 『フランス星めぐりの空で』(amuzen article)
    モンサンミッシェル(イメージ)

    プラネタリウム“天空” 『フランス星めぐりの空で』(amuzen article)
    ピック・デュ・ミディ天文台(イメージ)

    それらの息を呑むほど美しい光景は、私たちが“今この瞬間”に生きていることを教えてくれます。そして何気ない日々の暮らしの中でも、二度と出逢う事ができない沢山の“奇跡”に巡り逢っていることに。

    本作品は、観る人それぞれが、大切な人と巡り逢い、同じ時を生きることの意味を感じることができるプラネタリウム作品です。

    プラネタリウム“天空” 『フランス星めぐりの空で』(amuzen article)
    シャルトル大聖堂(イメージ)

    プラネタリウム“天空” 『フランス星めぐりの空で』(amuzen article)
    フォンテーヌブロー宮殿(イメージ)

    プラネタリウム“天空” 『フランス星めぐりの空で』(amuzen article)
    ゴーブ湖(イメージ)


    フランスを感じるリアルな音

    本作品は、43個のスピーカーとともに、音楽や効果音を立体的に表現する「SOUND DOMEサウンド・ドーム)™」システムに対応しています。街の雑踏や列車の走行音など、フランス現地で収録された“音”を臨場感豊かに再現。まるで本当にフランスを旅しているような感覚が味わえます。

    プラネタリウム“天空” in東京スカイツリータウン リニューアルオープン
    © Konica Minolta Planetarium Co., Ltd.


    ナレーションとエンディング曲

    ナレーションは、声優・梅原裕一郎。甘く優しくフランスの魅力をナビゲート。スペシャルエンディング曲は、シンガーソングライター“Aimerエメ)”の歌う「六等星の夜 Magic Blue ver.」。

    プラネタリウム“天空” 『フランス星めぐりの空で』(amuzen article)
    シンガーソングライター “Aimer”

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.