English français       東京の文化、アート、おでかけ情報

マティスとルオー展

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • マティスとルオー展

    2017年1月14日(土)~3月26日(日)
    パナソニック 汐留ミュージアム

    パリのボ・ザール(国立美術学校)のギュスターヴ・モロー教室で共に学び、フランス近代絵画の巨匠となったアンリ・マティス(1869-1954)とジョルジュ・ルオー(1871-1958)。

    本展では、油彩画を中心に、手紙、デッサン、版画、彫刻、絵付け陶磁器、タピスリーなど、日本初公開の作品や貴重な資料を含む約140点を展示。傑出した芸術家二人の軌跡と友情を、のべ50年におよぶ手紙のやりとりを手がかりとして明らかにする試みです。
    マティスとルオー展 パナソニック 汐留ミュージアム (amuzen article)

    豊かな美しさに満ちた堂々たる女性の姿を描いた、マティスの《ラ・フランス》(1939年)。印象的な赤い衣装をまとう、ルオーの1943年の連作から《赤と金の小姓》。これらの代表作が描かれたのは第二次世界大戦中、パリが陥落した危機の時代でした。

    マティスとルオー展 パナソニック 汐留ミュージアム (amuzen article)
    アンリ・マティス《ラ・フランス》1939年 公益財団法人ひろしま美術館

    第1章 国立美術学校からサロン・ドートンヌへ(1892~1913年)
    国立美術学校のギュスターヴ・モロー教室で共に学び、サロン・ドートンヌへの出品等を通して、フォーヴィズムなど新しい芸術にまい進する、新進画家たち。

    マティスとルオー展 パナソニック 汐留ミュージアム (amuzen article)
    アンリ・マティス《スヒーダムの瓶のある静物》1896年 マティス美術館、ル・カトー=カンブレジ

    第2章 パリ・ニース・ニューヨーク(1914~1944年)
    2つの世界大戦が起こる激動の時代、パリで活躍するルオー、南仏ニースに拠点を移すマティス、ニューヨークで画商としてルオー作品を扱うマティスの子息ピエールとの交流。

    マティスとルオー展 パナソニック 汐留ミュージアム (amuzen article)
    アンリ・マティス《室内:二人の音楽家》1923年 ポーラ美術館


    第3章 出版人テリアードと占領期

    ナチスによるパリ占領期、気骨の出版人テリアードが発行した芸術誌『ヴェルヴ』などの本づくりの仕事は、油彩画の自由な発表が困難であった二人の「気晴らし」に。

    マティスとルオー展 パナソニック 汐留ミュージアム (amuzen article)
    ジョルジュ・ルオー《聖ジャンヌ・ダルク》「古い町外れ」1951年 個人蔵(ジョルジュ・ルオー財団協力)、パリ


    第4章 『ジャズ』と《聖顔》(1945~1956年)

    色彩と形態の研究を進めるマティスのエポック・メイキングな作品集『ジャズ』。他方、《聖顔》など宗教的な画題を究めるルオー。資質の異なる友人の仕事を尊敬しあった二人の豊かな実りを展覧。

    マティスとルオー展 パナソニック 汐留ミュージアム (amuzen article)
    ジョルジュ・ルオー《秋の夜景》1952年 パナソニック 汐留ミュージアム

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.