English français       東京の文化、アート、おでかけ情報

「日本、家の列島」展

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 日本、家の列島
    フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザイン

    2017年4月8日(土)~6月25日(日)
    パナソニック 汐留ミュージアム

    français

    本展は、世界を魅了する日本の住宅デザインをフランス、スイス、ベルギー、オランダの各都市において紹介した「日本、家の列島」(L’archipel de la maison)の帰国展

    日本在住30年の建築家マニュエル・タルディッツ(建築設計事務所 みかんぐみ共同代表)、写真家ジェレミ・ステラ、建築家ヴェロニック・ウルスとファビアン・モデュイの4人のフランス人チームが企画実現したものです。

    「日本、家の列島」展(amuzen article)
    ジェレミ・ステラ《妹島和世/梅林の家》2010年9月2日

    「日本、家の列島」展(amuzen article)
    中山英之/O邸/2009年 撮影:ジェレミ・ステラ

    現在活躍中の日本の若手および実力派の建築家たちによる住宅作品を中心に、約70件の秀作を独自の基準に基づいて選出。

    「日本、家の列島」展(amuzen article)
    坂茂/羽根木公園の家―景色の道/2011年 撮影:ジェレミ・ステラ

    日本ならではの自然・都市環境における住まい作りの伝統や自然観が、ユニークで斬新な造形のなかに実現されている名作を、「昨日の家」「東京の家」「今の家」の3部構成にて紹介しています。

    「日本、家の列島」展(amuzen article)
    隈研吾/鉄の家/2007年 撮影:ジェレミ・ステラ

    「日本、家の列島」展(amuzen article)
    安藤忠雄/住吉の長屋/1976年 撮影:安藤忠雄

    本展では魅力的な写真と映像、図面、インタビュー、ヨーロッパ巡回展にはなかった模型とスケッチの展示のほか、ゲストアーティストに坂口恭平を迎え、ドローイングの展示と公開制作を行ないます。

    「日本、家の列島」展(amuzen article)
    坂口恭平《Dig-Ital City Prototype》2008年(参考図版)
    協力:セゾンアートワークス

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.