English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

「クラーナハ展―500年後の誘惑」 国立西洋美術館にて特別展

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • クラーナハ展
    ―500年後の誘惑

    国立西洋美術館
    2016年10月15日(土)~2017年1月15日(日)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    ドイツ・ルネサンスを代表する画家、ルカス・クラーナハ(父、1472-1553年)。

    見る者を魅惑してやまない官能的な女性の裸体表現で知られ、「マルティン・ルターの肖像」など同時代の著名人の肖像画も数多く描いています。

    本展は、クラーナハの芸術の全貌を、当時のドイツの思想や文化、社会状況などと併せて読み解き、さらには彼の死後、近現代におけるその影響にも迫ります。世界各地から集められた絵画や素描、版画など約100点で構成される、史上最大規模のクラーナハ展です。

    「クラーナハ展―500年後の誘惑」 国立西洋美術館にて特別展 (amuzen article)「クラーナハ展―500年後の誘惑」 国立西洋美術館にて特別展 (amuzen article)「クラーナハ展―500年後の誘惑」 国立西洋美術館にて特別展 (amuzen article)
    「クラーナハ展―500年後の誘惑」 国立西洋美術館にて特別展 (amuzen article)
    「クラーナハ展―500年後の誘惑」 国立西洋美術館にて特別展 (amuzen article)
    PR


※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.