English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

新海誠展 国立新美術館

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 国立新美術館開館10周年
    新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで

    2017年11月11日(土)~12月18日(月)
    国立新美術館

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    ※2017年9月15日、記事と画像を更新しました。

    新海誠は2002年に短編アニメーション「ほしのこえ」で商業デビュー。それから15年、“美しく壮大な世界ですれちがう男女の物語”を完成度の高い作品に結晶させ、世代や国境を越えて多くの人々を魅了しています。

    本展は新海誠の、その軌跡を、貴重な制作資料である絵コンテ、設定、作画、美術、映像をはじめ、世界観を体験できる造形物などを通じて紹介します。

    「ほしのこえ」場面カット
    「ほしのこえ」場面カット © Makoto Shinkai / CoMix Wave Films

    新海誠展 ―「ほしのこえ」から「君の名は。」まで―(国立新美術館)
    「君の名は。」作画監督・安藤雅司によるレイアウト修正  © 2016「 君の名は。」製作委員会


    個人制作の「ほしのこえ」から、集団制作に挑み、初の長編作品にして毎日映画コンクールで受賞した「雲のむこう、約束の場所」、今もなお熱狂的に語り継がれる「秒速5センチメートル」、本格ジュブナイルファンタジー「星を追う子ども」、デジタル時代の映像文学「言の葉の庭」、そして昨年公開し記録的な大ヒットとなった「君の名は。」までを完全網羅し、新海誠アニメーションの魅力に迫ります。

    「星を追う子ども」場面カット
    「星を追う子ども」場面カット © Makoto Shinkai / CMMMY

    3「秒速5センチメートル」場面カット
    「秒速5センチメートル」場面カット © Makoto Shinkai / CoMix Wave Films


    本展は6月3日の静岡・大岡信ことば館からスタートし、長野・小海町高原美術館を経て、東京・国立新美術館へと巡回するもの。国立の美術館において、現役アニメーション映画監督の名を冠した展覧会が開かれるのは初めての機会になります。

    他会場より広い2000平米もの展示空間となる国立新美術館では、その広さを活かし、巡回展での展示内容に加え、初公開を含む制作資料類が盛り込まれます。専門家を招いてのキュレトリアルチームを編成し、「キーワードで読み解く作品世界」「新海誠と時代背景」「映像制作の舞台裏」「世界に広がる新海誠作品」など、新海アニメーションの魅力をより深く読み解いていきます。

    2「雲のむこう、約束の場所」場面カット
    「雲のむこう、約束の場所」場面カット © Makoto Shinkai / CoMix Wave Films


    ◆キーワードで読み解く作品世界

    新海誠監督作品には繰り返し登場するモチーフやテーマがあります。それらに焦点を当て、各作品の共通性や違いを解説することで、作品世界をより深く掘り下げてゆきます。

    新海誠展 ―「ほしのこえ」から「君の名は。」まで―(国立新美術館)
    「雲のむこう、約束の場所」 作画監督・田澤潮によるレイアウト修正  © Makoto Shinkai / CoMix Wave Films


    ◆新海誠と時代背景

    新海誠監督の作品制作には、パソコンの進化やインターネットの普及といった時代背景が大きく関わっています。急激に変化したデジタル環境のなかで、いち早くデジタル技術を制作に取り入れてきた新海誠の歩みを時代背景とともに振り返ります。

    5「言の葉の庭」場面カット
    「言の葉の庭」場面カット © Makoto Shinkai / CoMix Wave Films


    ◆映像制作の舞台裏

    新海誠監督作品の映像の美しさ、みずみずしさ、奥行き感はどのようして生まれるのでしょうか。東京会場ではデジタルワークによる映像制作過程を解説し、その秘密に迫ります。

    10「星を追う子ども」美術監督・丹治匠によるコンセプトボード
    「星を追う子ども」美術監督・丹治匠によるコンセプトボード © Makoto Shinkai / CMMMY

    新海誠展 ―「ほしのこえ」から「君の名は。」まで―(国立新美術館)
    「ほしのこえ」新海誠による絵コンテ  © Makoto Shinkai / CoMix Wave Films


    ◆世界に広がる新海誠

    「君の名は。」が海外でも大ヒットしたことは記憶に新しいですが、それ以前から新海誠監督作品は海外で高く評価されてきました。新海誠とその作品がどのようにして世界へと広がっていったのか、その足跡を辿ります。

    新海誠展 ―「ほしのこえ」から「君の名は。」まで―(国立新美術館)
    「君の名は。」田中将賀によるレイアウト修正  © 2016「 君の名は。」製作委員会


    ◆スペシャル企画

    館内には作品世界をより楽しむことができる特別なフォトスポットが登場。また、様々な企画とセットになったスペシャル前売券も販売されます(詳細は東京会場特設HP)。

    • 「神木隆之介とめぐる」音声ガイドと前売観覧券のセット券
    • 特別上映会セット券(数量限定):館内での新海誠監督作品の特別上映会を観覧券の料金であわせて楽しめるセット券
    • カフェ「サロン・ド・テ ロンド」席予約セット券:「君の名は。」の劇中、主人公の瀧くんと奥寺先輩がデートした“あの席”で食べるサンドイッチセットと、本展の観覧券のセット

     

    6「君の名は。」場面カット
    「君の名は。」場面カット © 2016「 君の名は。」製作委員会

     


    ◆新海誠展 観覧券プレゼント

    ※あみゅーぜんの読者5組10名様に本展の観覧券をプレゼントいたします。
    締切:2017年11月5日(日)
    応募ページ:リンクはこちら
    ※受付は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。
    抽選結果の発表は発送を以て代えさせていただきます。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.