English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

「拝啓 ルノワール先生」 三菱一号館美術館

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 拝啓 ルノワール先生 ― 梅原龍三郎に息づく師の教え

    2016年10月19日(水)~2017年1月9日(月・祝)
    三菱一号館美術館

    日本の洋画界を牽引し、その豪快な性格から『画壇のライオン』と呼ばれた梅原龍三郎。近代化が進み、油彩画が日本に定着した頃の 1908(明治41)年、20歳の梅原は渡仏し、翌年ルノワールに会いました。梅原はルノワールを師と仰ぎ、その制作現場を見、師との対話から多くを学びました

    梅原は後に、ヨーロッパで学んだ油彩画に、桃山美術・琳派・南画といった日本の伝統的な美術を取り入れ、個性あふれる豪華絢爛な画風を展開し、日本の洋画を確立した巨匠として高く評価されます。本展はルノワールと梅原の作品に加え、梅原が蒐集した作品、梅原と親交のあったピカソやルオーらの作品約80点を通じて、近代絵画における東西の交流を紹介します。

    拝啓 ルノワール先生 ― 梅原龍三郎に息づく師の教え (amuzen article)拝啓 ルノワール先生 ― 梅原龍三郎に息づく師の教え (amuzen article)

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.