English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

伊豆大島椿まつり 2018

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 第63回 伊豆大島椿まつり

    2018年1月28日(日)~3月25日(日)
    伊豆大島

    このエントリーをはてなブックマークに追加

     

    約300万本もの椿に彩られる伊豆大島

    東京から船でたった2時間足らずで行ける、伊豆大島。「日本のハワイ」とも呼ばれる温暖な島には、毎年、約300万本もの椿の花が咲き誇ります。

    ゴージャスで可憐、和の趣がある椿の花の季節は、島では1月下旬から、オオシマザクラも咲く4月上旬まで(見ごろは2月下旬~3月中旬)。都立大島公園をはじめとする椿園や、100mにわたる椿の並木がトンネルのような「泉津の椿トンネル」など島の至るところで、自生種から園芸種まで多種多様な椿が楽しめます。


    伊豆大島椿まつり2018

    2018年も椿の花の季節に約2か月間「伊豆大島椿まつり」が開催されます。

    まつりの期間中は「椿プラザ」がオープンし、郷土芸能のステージや、屋台が出店します。また、夜まつり(2月2日~3月18日までの金土日)をはじめとしたイベントも開催。「あんこ衣装」の無料貸出しでは、あんこ(あねさま)になって、とっておきの写真を撮ることもできます。

    oshima camellia 2017

    ◆2018年の椿まつりの主なイベント

    椿プラザ 1月28日(日)~3月25日(日) 9:30~15:30
    江戸みこしとあんこパレード 1月28日(日)
    椿の女王コンテスト 2月3日(土)
    カメリアマラソン大会 2月11日(日)
    謝恩磯釣大会 2月24日(土)~3月4日(日)

     


    伊豆大島への日帰りツアーなど

    お祭りとともに、ぜひ満喫したいのが「島じかん」。

    富士山を臨む海、三原山や裏砂漠などジオパークの絶景。山や海を見ながらの露天風呂もある温泉。サイクリングや散策、釣りやダイビングなどのアクティビティ。椿油をはじめとする島の特産品、椿の花びら染め体験、「明日葉そば」や「べっこうずし」の島グルメなど。

    伊豆大島へは、東京からの日帰りも可能。なお、東京からのお得な高速船の往復きっぷも期間限定で3,900円で利用できます(4月8日帰着分まで、東海汽船)。

    この機会に、ゆっくり自然と島気分を満喫して、身体も心もリフレッシュされてはいかがでしょうか?

    oshima camellia 2017

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.