English français       東京の文化、アート、おでかけ情報

TOKYO ART CITY by NAKED ギャラリー アーモ

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • TOKYO ART CITY by NAKED

    2017年6月16日(金)~9月3日(日)
    Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)

    English français

    新宿の高層ビル群や渋谷のスクランブル交差点、お台場のレインボーブリッジに秋葉原の雑踏、それらの街を駆け巡る首都高に、幾重にも重なりあう地下鉄・・・。

    “TOKYO”をテーマに、東京の9スポットの巨大模型にプロジェクションマッピングなど最新テクノロジーを駆使し、都市の持つ魅力をアートとして表現する企画展。今夏、大人もこどもも楽しめる、アート・エンタメ・テクノロジーの枠を超えた現代のアート空間が登場します。

    本展は、ネイキッド(村松亮太郎率いるクリエイティブカンパニー)による、東京を新しいアートとして体験する作品です。

    TOKYO ART CITY by NAKED (amuzen article)
    <新宿> 歌舞伎町など賑わいのあるエリアと、新宿都庁が立つエリアが混ざり合い、新宿の持つ二面性をひとつの表情として体験できるエリア。

    ◆圧巻のエンタメ空間
    “TOKYO”を象徴する9スポット「新宿」「渋谷」「お台場」「東京タワー」「東京ドーム」「秋葉原」「東京駅」「東京国立博物館」「谷根千(谷中・根津・千駄木)」を、巨大模型を始めとする約250もの模型でコラージュ。約100台のプロジェクターを駆使したプロジェクションマッピングなど、最新テクノロジーによる光と映像の演出で多彩に表現。730㎡の広さを誇る会場全体が、光に散りばめられたひとつのアート空間として、360°ダイナミックに迫ります。

    TOKYO ART CITY by NAKED (amuzen article)
    <渋谷> スクランブル交差点の上空にも横断歩道が浮かび、ビルの看板や建物が、まるで街全体を包み込むように360°迫ります。

    ◆ワクワクする仕掛け&見たこともない東京
    高さ4.3mの東京タワーには実際に登れる展望台があり、目の前にジャンボジェット機が飛び、色鮮やかに変化を続ける“東京”を見下ろせます。渋谷のビルの壁は、指で自由に絵が描けるデジタル落書きコーナーに。秋葉原には会場でしか手に入らないレアガチャガチャが登場。夏にぴったりなデジタル花火が打ち上がり、道やビルの壁は人の動きに反応して音やスモークが飛び出し、街全体が動き出します。

    TOKYO ART CITY by NAKED (amuzen article)
    <落書きエリア> 渋谷スクランブル交差点の裏に、子どもも大人も夢中になれる、指で自由に絵を描くことができるデジタル落書きコーナーが登場。

    ◆三世代で楽しめる
    会場には楽しい仕掛けが盛りだくさん。また、親子で楽しめるワークショップや、サプライズ演出、話題のアーティストとコラボレーションした企画など、世代を超えて“TOKYO”が楽しめるエンターテイメント体験が待っています。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.