English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

江戸東京博物館 「江戸と北京」展

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 特別展「江戸と北京―18世紀の都市と暮らし―」

    2017年2月18日(土)~4月9日(日)
    江戸東京博物館

    江戸の人口が100万人を超え、都市として発達を遂げた18世紀は、北京が清朝の首都として最も繁栄を極めた時代でもありました。日本と中国には文化交流の長い歴史があり、江戸時代の「鎖国下」においても中国貿易は公認され、長崎を窓口として、文物の流れが滞ることはありませんでした。

    江戸東京博物館「江戸と北京」展(amuzen article)
    熈代勝覧(きだいしょうらん)
    江戸時代・1805年(文化2)頃 ドイツ・ベルリン国立アジア美術館蔵

    江戸東京博物館「江戸と北京」展(amuzen article)
    「乾隆八旬万寿慶典図巻」
    清時代・1797年(嘉慶2) 中国・故宮博物院蔵 【日本初公開】

    本展では、18世紀を中心に、江戸と北京のなりたちや生活、文化を展観し比較します。これまで清朝の芸術や宮廷文化に関する展覧会は数多くありましたが、北京の都市生活の江戸との比較は、今回が初の試み。展示を通じて、両都市の共通性と差異が明かされます。

    江戸東京博物館「江戸と北京」展(amuzen article)
    「白ビロード地牡丹模様筥迫」
    江戸時代・後期 江戸東京博物館蔵

    江戸東京博物館「江戸と北京」展(amuzen article)
    「蘭地番蓮紋香炉」
    清時代 中国・首都博物館蔵

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.