English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

Bunkamura シアターコクーン『危険な関係』

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • DISCOVER WORLD THEATRE vol.2
    危険な関係

    2017年10月8日(日)~10月31日(火)
    Bunkamura シアターコクーン

    18世紀後半、フランス貴族社会。その退廃と愛の駆け引きを描いた、ショデルロ・ド・ラクロによる恋愛心理小説の名作「危険な関係」。

    世界各国で設定を変えて何度も映画化されたこの文芸作品を、イギリスの劇作家クリストファー・ハンプトンが戯曲化し、1985年にロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(RSC) が初演。以降、ウエストエンドとブロードウェイで上演され大成功を収めた作品が、シアターコクーンにて注目のキャスト陣とともに上演されます。

    シアターコクーン『危険な関係』(2017年10月)(amuzen article)

    ◆玉木宏と鈴木京香 ほか、実力派キャスト陣による上演

    稀代のプレイボーイ“ヴァルモン子爵”には、待望の4年ぶり舞台出演となる玉木宏。社交界の華で妖艶な貴婦人“メルトゥイユ侯爵夫人”に鈴木京香

    その二人の仕掛ける恋愛ゲームに翻弄される貞淑で信仰の篤い“トゥルヴェル法院長夫人”に野々すみ花。そして若き騎士“ダンスニー”に、注目の若手 千葉雄大が挑みます。

    さらに高橋惠子、新橋耐子の実力派ベテラン陣から、青山美郷、佐藤永典、土井ケイトらも加わったオールスターキャストでの上演となります。

    ◆リチャード・トワイマンによる演出

    華麗なる社交界を舞台に描かれる巧妙な愛と性の遊戯。このデカダンな世界観とスリルに満ちた名作を、RSC出身で新進気鋭の演出家 リチャード・トワイマンが演出します。

    作:クリストファー・ハンプトン 翻訳:広田敦郎 演出:リチャード・トワイマン 美術・衣裳:ジョン・ボウサー

    出演:玉木宏、鈴木京香、野々すみ花、千葉雄大、青山美郷、佐藤永典、土井ケイト、新橋耐子、高橋惠子 ほか

    シアターコクーン『危険な関係』(2017年10月)(amuzen article)

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.