English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

悦楽の磁器 紅ミュージアム 企画展

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 悦楽の磁器 ― 有田の化粧道具

    2016年10月15日(土)~12月4日(日)
    伊勢半本店 紅ミュージアム

    日本で初めて磁器生産に成功してから、400年。以来、有田焼(佐賀県有田町)は時代や生活様式の変化、国内外の需要に適応しながら発展を遂げてきました。

    本展では江戸時代から近代まで、有田焼の「化粧道具」を紹介します。日用品でありながら、非日常を演出してくれるアイテムとして、華やかで悦楽な容器たち。天皇家や大名家の道具として誂えられる高級品から、庶民層にも手の届く廉価品まで、紅猪口・紅皿、白粉溶碗・白粉重、嗽碗、油壺など、多様な有田焼の化粧道具が一堂に会します。

    悦楽の磁器 ― 有田の化粧道具(amuzen article)
    悦楽の磁器 ― 有田の化粧道具(amuzen article)
    悦楽の磁器 ― 有田の化粧道具(amuzen article)

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.