English français       東京の文化、アート、おでかけ情報
 

デザインの解剖展 21_21 DESIGN SIGHT

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法

    2016年10月14日(金)~2017年1月22日(日)
    21_21 DESIGN SIGHT

    「デザインの解剖」は佐藤 卓(グラフィックデザイナー)が2001年より取り組んでいるプロジェクト。身近な製品を「デザインの視点」で解剖し、各製品の成り立ちを検証しています。

    本展では過去に行われた「ロッテ キシリトールガム」、「富士フイルム 写ルンです」、「タカラ(現:タカラトミー) リカちゃん」、「ISSEY MIYAKE A-POC BAGUETTE」を紹介するとともに、「株式会社 明治」のあの5つの製品を解剖。

    素材や味覚、パッケージなど、製品として手に届くまでのあらゆる段階で凝らされている多様な工夫を、デザインからつぶさに読み解く。大人も子供も楽しめる展覧会です。

    参加作家:荒牧 悠、aircord、奥田透也、小沢朋子(モコメシ)、佐久間 茜(文字なぞり部)、柴田大平(WOW)、下浜臨太郎、菅 俊一、鈴木啓太、高橋琢哉、中野豪雄、原田和明、細金卓矢

    デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法 (amuzen article)デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法 (amuzen article)デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法 (amuzen article)デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法 (amuzen article)

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.